文字のサイズを変更する場合

HOME > ホットちょっと

ホットちょっと

ジェネリック医薬品について(薬剤部 真木) (2016.01.12 掲載)


 

明けましておめでとうございます。
今年も薬剤部スタッフ一同頑張っていきますので、よろしくお願いします。

さて、街の薬局さんでお薬をもらうときに「ジェネリック医薬品にかえてみませんか?」と聞かれたことはありますか?

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ有効成分を使っており、同じ効果があると国が認めた低価格なお薬になります。そもそも、新薬は10〜15年もの歳月と、数百億以上といわれる費用をかけて開発されているので、開発した製薬会社は特許を出願することによりおよそ20〜25年間そのお薬を独占的に製造・販売することができます。そして特許期間が過ぎると他の製薬会社が同じ有効成分を使ったお薬をつくることができるようになります。ジェネリック医薬品は、新薬で既に有効性や安全性が確認された有効成分を使用しているので、開発費用も短く、費用も安く済むのです。

ジェネリック医薬品にすることで医療費の自己負担額が減るだけでなく、日本全体の医療の削減にも繋がります。高齢化社会において、現在の医療保険制度を子どもたちや次の世代に引き継いでいくことに貢献できます。

また、ジェネリック医薬品は世界中で使われていますが、2010年の調査によると諸外国のジェネリック医薬品の普及率はアメリカ91%、ドイツ82%、フランス62%と高いのに比べて、日本では40%とまだ低い状況にあります。

ジェネリック医薬品を希望される際は、医師や薬剤師にお気軽にご相談ください。





155件中、 1件〜20件を表示しております。 [ 8ページ中: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 ]

過去のホットちょっと

■2016.06.25   地域と市立病院:ゆいっこ通りのベゴニア植栽(総務課 菊池)

■2016.05.17   「鳥の視点」(総務課 菊池)

■2016.03.22   岩手の自然といえば・・・(看護部(6階病棟)川端・星)

■2016.02.23   2016希望郷いわて国体〜いわてアスレティックトレーナーとしての関わり〜(医療支援部 リハビリテーション担当 佐藤)

■2016.01.12   ジェネリック医薬品について(薬剤部 真木)

■2015.12.18   ロック=健康!?(医事課 野表)

■2015.11.16   「今どきの手術室って?」(手術室 高見)

■2015.10.19   骨密度測定器、導入!(放射線科 森)

■2015.09.15   シルバーウイークについて(精神科長 磯野)

■2015.08.12   お盆の風習について(総務課 竹田)

■2015.07.17   ケアが見える床頭台整理への取り組み〜4段棚「ラック楽」を取り入れて〜(4階病棟 岩崎・大澤)

■2015.06.15   正しい検査は、正しい検体採取から(臨床検査 三田)

■2015.05.15   薬剤師の仕事(薬剤部 嶽間澤)

■2015.04.21   「お花見にいきましたか?」(医事課 山田)

■2015.03.20   身近なことから始めよう!メンタルヘルス(看護部(7階病棟) 工藤)

■2015.02.09   摂食嚥下の観点から 〜『恵方巻き』を題材に考える〜(言語聴覚士 内村)

■2015.01.18   盛岡市立病院の歯科のご案内について(歯科 田頭)

■2014.12.12   「民話の里」を訪れて(総務課 藤澤)

■2014.11.14   5階病棟に2つの病棟ができました(看護部 石川)

■2014.10.23   肺とメタボリックの検診をCTで!?(放射線科 森)

▲ページ上部へ