文字のサイズを変更する場合

HOME > 患者さま・ご来院の皆様へ > 診療科のご案内 > 精神科 > アルコール依存症治療プログラム

アルコール依存症の方の治療プログラムのご案内

 当院では、アルコール依存症の方に、アルコール依存症治療プログラムを用いた治療を行っています。


 プログラム内容について、説明いたします。

 アルコール依存症の方の治療として、安全に離脱症状を脱するための治療(T期治療)と断酒教育を目的とする治療(U期治療)の2段階で治療していきます。期間は全体で5週間(35日間)となっており、週ごとに治療内容を決めて実施しています。治療内容は、酒害教育、教育DVD鑑賞、認知行動療法、アルコールミーティング、作業療法、試験外出、外泊などとなっております。

 

1週間の日程は、概ね以下のように設定しています。

●月曜日・・・酒害教育
●火曜日・・・教育DVD鑑賞
●水曜日・・・認知行動療法
●木曜日・・・作業療法
●金曜日・・・アルコールミーティング


 家族の方も家庭教育として、患者さんと一緒に治療に参加していただきます。内容としましては、自助グループへの参加、家族用教育DVDを使用しての学習、精神保健福祉センターの家族会への参加、服薬指導、栄養指導などがあります。

 なお、プログラムについては、クール開始後の途中参加はできず、新しいクールからの参加になります。また、1回のプログラムメンバーは、4名程度としています。参加を希望される方は、当院を受診し担当の医師にご相談ください。


▲ページ上部へ