文字のサイズを変更する場合

HOME > 患者さま・ご来院の皆様へ > 診療科のご案内 > 神経内科

診療科のご案内

神経内科

診療科案内

 

大脳から脊髄さらに末梢神経に至る脳神経の病気を診断し治療する内科が「神経内科」です。症状としては下記にありますように、頭痛、めまいなど全身に関連する広範囲な症状を診ています。一般に内科的な手法で神経症状の診断と治療を行い外科的な治療適応がない場合は神経内科で治療を行うことになります。脳卒中も大部分は脳外科ではなく神経内科で診療を行うようになっています。たとえば急性期の脳梗塞も大部分は内科的治療が選択されますし、くも膜下出血以外の高血圧性脳出血や慢性硬膜下血腫も外科的に治療の前に、十分内科的な精査が必要となる場合があります。
なお精神的な要因で神経症状が出現する場合は心療内科や精神神経科をご紹介することもあります。また原因が神経以外に要因がある場合、(たとえば、肝不全による手のふるえや物忘れ)は該当する診療科での治療が優先されます。

こんな症状があったら当科で受診しましょう

頭痛 手足の麻痺
めまい 失神・意識消失
手足のしびれや感覚障害 物忘れ、記憶障害
けいれんやふるえなど 顔面麻痺、顔面けいれん、顔面の痛み
言葉のもつれ、言葉がうまくでない 眼瞼下垂、複視

治療にあたる主な病名と主な治療法等

 

1脳梗塞、頭部MRI、超音波検査などで診断を行い、抗血栓療法を行い、慢性期では再発予防のための治療まで一貫して行っています

2脳出血(高血圧性脳出血、慢性硬膜下出血)は頭部CTなどで診断し、外科的治療の適応がない場合、内科的に治療しています

3頭痛の診療を積極的に推進しています。慢性頭痛から片頭痛など急性に悪化する頭痛にも対処しています

4てんかん外来では、頭部MRI、脳波などを施行し適切な抗けいれん薬で治療しています

5パーキンソン病、脊髄小脳変性症など厚労省の指定する特定神経疾患を専門的に診療しています

6めまい症に対しては頭部MRIなどで頭蓋内病変を精査し、耳鼻科と共同で検査治療に当たります

7物忘れ外来とし認知症を問診と頭部MRI、脳波など必要な検査で診断し、原因に応じて薬物治療やケアの指導を行っています

8無症候性脳梗塞(俗称、隠れ脳梗塞)の診断を受けたかたの、今後の対処方法もアドバイスします

活動状況

医師紹介

氏名
所属学会
履歴
佐々木一裕 日本内科学会(認定医)
日本神経学会(専門医)
日本脳卒中学会(専門医)
日本自律神経学会(評議員)
日本神経超音波学会(評議員)など
岩手医科大学卒
一般になじみの少ない診療科と思いますが、ご覧のように守備範囲は広く、検査の結果から他の診療科の病気が見つかることがあります。また院内では他科と十分連携して治療を実施しております。また、当院以外の診療所、病院とも緊密に連携して、検査や治療に当っています。

▲ページ上部へ