文字のサイズを変更する場合

HOME > 患者さま・ご来院の皆様へ > 診療科のご案内 > 消化器内科

診療科のご案内

消化器内科

診療科案内

 

当院の消化器内科では、食道から直腸までの消化管一般の疾患の診断と治療を担当しています。
当科では、主に大腸疾患を神谷と中塚が、慢性肝炎、肝硬変や肝臓癌を近藤と熊谷が担当しています。
習慣性便秘や過敏性結腸症候群、多発大腸憩室症に対しては、主に外来で生活指導を行っています。
逆流性食道炎に対しては、症状のスコアー調査により適切な薬剤の選択を実施しています。
肝臓、膵臓、胆嚢の病気も診療し、胆嚢結石、慢性膵炎や急性膵炎などの疾患に対しては、定期検査、食事指導や生活習慣に対する指導を行っています。
進行胃癌、大腸癌は当院外科と協力し、手術適応や化学療法適応例の検討を行い、患者さんがより適切な治療を受けられるようご相談をお受けしております。
検査を希望されても、長距離の移動を強いられる遠方にお住まいの方などのために、大腸内視鏡検査と肝生検査の検査入院を行っております。また、疼痛や出血などのため、術後、経過観察が必要な方も対象となります。

治療にあたる主な病名と主な治療法等

・早期大腸癌や早期胃癌に対するEMR、ESDを施行しており、消化管早期癌の内視鏡下治療例も近年増加しています。

・潰瘍性大腸炎やクローン病等の炎症性腸疾患の入院での治療が必要な方には、中心静脈栄養管理や栄養療法、白血球除去療法、抗生剤による治療などを採り入れ、寛解を得ております。また、抗TNFα製剤の投与を開始している症例もあります。

・脳出血、脳梗塞後遺症の嚥下困難、誤嚥性肺炎例に対してはPEG(経皮内視鏡下胃瘻増設術)を年間60例程度施行しています。又、胃瘻のカテーテルの交換も同数施行しております。

・閉塞性黄疸の悪性例に対しては、黄疸を減少させる十二指腸乳頭切開術を伴う胆道ドレナージ術の内視鏡的治療を施行、総胆管結石例などの良性例には、内視鏡的切石術をし、悪性の内視鏡適応外の症例に対しては、経皮経肝胆道ドレナージ術と内瘻化を施行し対応しております。

・慢性肝炎、肝硬変や肝臓癌に対しては、血管造影やラジオ波を使用し、岩手医科大第一内科肝臓班と協力し、治療に専念しております。また、原発性肝癌に対しては、対外式超音波下にラジオ波による腫瘍焼灼術や血管造影下の腫瘍動脈塞栓術を施行しております。

・慢性肝炎に対しては、最新のインターフェロン療法を行い、良好な成績を得ています。また、新たにインターフェロンを使用しない経口剤での治療も導入しています。

活動状況

医師紹介

氏名
所属学会
履歴
神谷亮一 日本消化器内視鏡学会(指導医)
日本消化器病学会(指導医)
日本内科学会(認定医)
岩手医科大学卒
消化器疾患だけでなく、婦人科、泌尿器疾患もご相談下されば、適切な検査後に該当する病院へご紹介が可能です。御相談下さい。
近藤公亮 日本消化器内視鏡学会(指導医)
日本消化器病学会(指導医)
日本内科学会(認定医)
岩手医科大学卒
専門は消化器内科ですが、専門にこだわらず、地域のみなさまの役に立つような医療を心がけたいと思っています。
中塚明彦 日本がん検診学会(認定医)
日本消化器内視鏡学会(専門医)
日本消化器病学会(指導医)
日本内科学会(認定医)
岩手医科大学卒
消化器癌に関しては検診から治療まで仕事をしています。精密検査が必要な方は是非おいでください。また、消化器疾患全般、それ以外の疾患に対しても、適切な対応を心がけております。
熊谷一郎 日本内科学会(認定医)
日本消化器病学会
日本肝臓学会(専門医)
日本消化器内視鏡学会
弘前大学卒
自分にできる範囲内で,地域に貢献できる医療をしたいと思っています。
安達淳治 日本内科学会(認定医)
日本プライマリ・ケア連合学会(認定医・指導医)
日本消化器病学会(認定医)
日本肝臓病学会
日本消化器内視鏡学会
弘前大学卒
消化器病を中心に、内科疾患全般に対応できるように努めてまいります。市民病院の一員として皆様の健康維持に貢献できれば幸いです。
北田憲一 日本内科学会
日本肝臓学会
川崎医科大学卒
平成29年4月より縁あって盛岡の地に赴任して参りました。専門はウイルス性肝炎・肝硬変ですが、上下部内視鏡含め、消化器全般を担当致します。

▲ページ上部へ