文字のサイズを変更する場合

HOME > 患者さま・ご来院の皆様へ > 診療科のご案内 > 糖尿病・代謝内科

診療科のご案内

糖尿病・代謝内科

診療科案内

 

当科では、糖尿病を中心に、高脂血症、高血圧、メタボリックシンドロームなどの代謝性疾患の治療を担っております。近年糖尿病の増加は著しく、今やその予防対策は国民的課題となっております。糖尿病のほとんどは、遺伝的体質に過食や飲酒、ストレスなどの生活習慣が加わって発症する場合が多く、治療においては、毎日の食事療法や運動療法など患者さんの自己管理が非常に重要であります。当科では糖尿病と上手につきあって頂くために、糖尿病教室や食事会、糖尿病教育入院を通じて、自己管理に必要な知識、運動療法の仕方などを習得して頂いております。糖尿病は眼や腎臓や神経に特有の合併症を生じるだけでなく、脳梗塞や心筋梗塞といった動脈硬化症をも促進させると考えられていますので、他科と連携して、トータルケアに取り組んでいます。フットケアに関しては、チームを作り、取り組んでおります。患者さんどうしの親睦を深め、療養に必要な知識を取得していただくために、「みずきの会」という患者会も組織されております。我々は患者さんを中心とした糖尿病専門医2名、糖尿病療養指導士・看護師・栄養士・理学療法士らによるチーム医療を目指しております。

こんな症状があったら当科で受診しましょう

糖尿病の特有の症状は口渇、多飲多尿、体重減少などです。しかしこのような症状は糖尿病が進行しないと出てきません。即ち糖尿病は、初期にはほとんど症状がない疾患です。しかし糖尿病は早期発見早期治療が必要なので、血糖軽度高値であっても、糖尿病が隠れていることがあります。“尿糖が出た”あるいは“糖尿病の気がある”状態を放っておいてはいけません。必ず精査をして糖尿病の有無を確認することが必要です。“たかが糖尿病、されど糖尿病…糖尿病は万病のもと”となりますので、ぜひ受診して頂きたいと思います。


治療にあたる主な病名と主な治療法等

 

糖尿病、高脂血症、メタボリックシンドローム
血糖検査(糖負荷試験)、尿検査により糖尿病のスクリーニングおよび血糖コントロール状態を判定します。10日間の教育入院ではインスリン分泌能、腎機能(腎症の有無)の評価を致します。合併症に関しては糖尿病の3大合併症に関する検査のみならず、虚血性心疾患などの大血管障害に関する検査も積極的に行っており、眼底検査(網膜症の有無)、運動負荷心電図、血圧脈波、頚動脈エコーなど(動脈硬化の有無)、内臓脂肪の測定、アディポネクチンの測定なども行っております。
治療は基本となる食事療法と運動療法に加えて、病態に応じて薬物療法を行います。近年、より良い血糖コントロールの質を目指して、個々の病態に応じた治療を選択する手段として、持続血糖測定(CGM)を用いた治療の取り組みや、持続インスリン皮下注射(CSII)を用いた治療を行っております。重症合併症を併発するなど、急性期の場合も常時受け入れておりますので、治療方針に対してお困りの症例などがありましたら御相談下さい。

新しい血糖検査方法CGM

→ 詳しくは、こちらのページをご覧ください。
    

活動状況

医師紹介

氏名
所属学会
履歴
歳弘 真貴子 日本糖尿病学会(専門医、指導医)
日本内科学会(専門医)
岩手医科大学卒
糖尿病は長期的な自己管理が必要な疾患のため、より良い治療を提供できるように、出来るだけわかりやすく指導していきたいと思います。
梶原 隆 日本内科学会(認定医)
日本糖尿病学会(専門医)
日本肥満学会
日本肥満症治療学会
自治医科大学卒
患者さんの生活に合った治療を一緒に考えていきましょう。短期間の入院なども相談に応じます。
田中 瑞絵 日本内科学会(認定内科医)
日本糖尿病学会(専門医)
日本消化器学会
日本肥満学会
日本動脈硬化学会
岩手医科大学卒
患者様とともに最良の治療を考えたいと思います。よろしくお願いいたします。
佐々木 敦美 日本内科学会(認定医)
日本糖尿病学会
日本超音波学会
岩手医科大学卒
一生つき合っていく糖尿病という病気に患者さんと一緒に向き合い、患者さん一人ひとりに合った最善な加療を行っていきたいと思います。








▲ページ上部へ