文字のサイズを変更する場合

HOME > 病院の概要 > 各部門のご案内 > 看護部

各部門のご案内

看護部

看護部各部門の紹介


【4階病棟】

整形外科・呼吸器内科・神経内科・腎臓内科・糖尿病代謝内科の混合病棟です。

 

■整形外科

整形外科は、変形性膝関節症・靭帯損傷・骨折などで手術治療を目的とした方や、腰椎圧迫骨折などで保存療法を目的とした方が入院しています。各種のクリニカルパスを使用し、入院期間の短縮とベッドサイドケアの充実を図るとともに、他部門のスタッフと連携してリハビリや退院へ向けての支援を行っています。


 

股関節の手術後には、筋力強化や可動域訓練などを目的としたスプリングスレンダーサスペンション(SSS)を行っています。膝の手術後には可動域訓練や治癒の促進などを目的とした持続的他動運動(CPM)を行っています。

また、四肢の骨折手術の後は超音波骨折治療法(写真)を多く行っています。これは比較的新しい治療法ですが、多くの有名スポーツ選手が骨折治療に取り入れていることでも話題になりました。


 
■呼吸器内科

呼吸器内科は、肺炎・急性呼吸不全などで治療が必要な方が入院しています。認知症や神経疾患を伴った高齢者の誤嚥性肺炎が多いですが、酸素・抗生剤の投与による治療や、排痰・口腔ケアなどの援助を行い、回復を支援しています。また、嚥下訓練を積極的に行い、できるだけその人の日常に近い形で在宅復帰できるように、ご家族と一緒に患者さんを支えていきたいと思っています。


■神経内科

神経内科は、脳梗塞・脳出血・パーキンソン病・頭痛などで内科的な治療が必要な方が入院しています。脳梗塞に対しては、急性期の抗血栓療法を行い、慢性期では再発予防のための治療まで一貫して行っています。意識障害、運動障害、言語障害など障害に応じた個別性のある看護を提供しています。

   
■腎臓内科

腎臓内科は、主に慢性腎臓病の方が入院します。検査や内服薬の調節、点滴管理を行っています慢性腎臓病は末期腎不全へと進行する危険因子だけでなく、心血管疾患発症のリスクファクターでもあるので、早期発見と必要に応じた加療が大切となります。

    
■糖尿病・代謝内科

糖尿病・代謝内科は糖尿病患者さんのシックディや糖尿病性足壊疽等の合併症の方が入院しています。急性症状が落ち着かれるまで、必要な看護を提供します。

4階病棟の看護師は、多様な治療形態に応じながら、患者さんにとって安楽・安全な療養生活が送られるように、また可能な限り日常生活が自立できるように、医療チーム「でご家族と一緒に患者さんを支えていきたいと思っています。