文字のサイズを変更する場合

HOME > 病院の概要 > 各部門のご案内 > 医療支援部 リハビリテーション担当

各部門のご案内

医療支援部 リハビリテーション担当

身体に障がいを受けてしまった方々に対し、その障がいを可能な限り回復させ、残された能力を最大限に引出し、身体的・精神的・社会的に出来るだけ自立した生活を送れるよう支援する部門です。

全ての患者さんがよりよい生活を送れることを目指し、医師を中心に看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が協力してリハビリテーション医療を提供しています。

理学療法(Physical therapy: PT)

病気、けが、高齢、障がいなどによって運動機能が低下した方々や、障がいの発生が予想される方々に対し、その基本動作能力(座る・立つ・歩く)の回復や維持の為に、運動療法をはじめ、日常生活動作練習、物理療法などを行います。


作業療法(Occupational therapy:OT)

身体又は精神に障がいがある方、またはそれが予測される方に対し、その方が主体的な生活を送ることが出来るようになるために、基本能力(運動機能・精神機能)、応用能力(食事、トイレ、着替えなど生活で行われる活動)、社会生活適応能力(地域活動への参加等)を向上させる作業活動を用いて、治療、指導、及び援助を行います。


言語聴覚療法(Speech and Language and Hearing therapy:ST)

病気やけがなどにより言葉や食べ物の飲み込みに障がいがある方、障がいが予想される方に対し、よりよいリハビリテーションを提供できるよう検査や専門的治療を行い機能の回復・維持を図ります。また必要に応じて相談・助言・指導など専門的な援助を行います。


PT・OTの対象疾患

当院リハビリテーション室は、多岐にわたる疾患のリハビリテーションに対応しています。


■整形外科

変形性関節症、靱帯損傷、骨折などで手術された患者さんに対し、術後早期からリハビリテーションを行い、日常生活や社会活動への復帰を援助しています。



■神経内科

脳卒中、パーキンソン病などで入院されている患者さんに対し、早期からリハビリテーションを行い、運動機能の回復を図り、日常生活や社会活動への復帰を援助しています。



■外科・消化器内科・呼吸器内科・精神科

安静加療に伴う廃用症候群の患者さんに対し、早期から離床を図り、廃用状態の改善に努めています。


■糖尿病・代謝内科

糖尿病で入院されている患者さんに対し、効果的な運動療法(ストレッチ、筋力強化、ウォーキング)の方法を、集団で指導しています。



■小児リハビリ

脳性麻痺、運動発達遅滞、発達障害、またはそれらが疑われる子供に対し、通院でリハビリテーションを行っています。



STの対象疾患(成人対象)

脳卒中・パーキンソン病などの神経内科疾患誤嚥性肺炎、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などによる呼吸器疾患外科術後などの長期臥床による廃用症候群



地域包括ケア病棟リハビリテーション

地域包括ケア病棟専門のリハビリスタッフが対応させていただきます。患者さんの「在宅復帰」を不安にしている要因(身体機能や住宅環境など)を専門的な知見から詳細に把握させていただきます。そして、リハビリを提供し、日常生活動作能力を向上させ、患者さんに安心して退院していただけるように支援させていただきます。