文字のサイズを変更する場合

HOME > 病院の概要 > 看護部長あいさつ

看護部長あいさつ





看護部長・認定看護管理者
柳田美喜子

 

〜看護で選ばれる病院〜を目指して〜


盛岡市立病院は268床の中規模地域密着型病院です。病棟は、一般急性期2病棟・身体合併を診る神経精神科・地域包括ケア病棟の合わせて4部署で、外来は17診療科があります。小さいながらも機能充実の病院であり、地域の皆さんが安心して受診できる病院として、その役割を担っていきたいと思っています。


そのために看護部では、スローガンを「看護で選ばれる病院を目指そう」と掲げ、看護師が常に優しさをもって、笑顔で患者さんやご家族に接することを大切にしています。その優しさの奥には気づく感性・考える力・的確な判断力が必要であり、根拠をもったケアを実践できる総合的な看護実践能力と、患者さんへの温かい対応ができる人間性豊かな看護師の育成に努めています。 平成31年度からは、新入職員の教育プログラムを再編し、多様性に応じた看護師の教育・育成に力を注いでいます。


また、平成31年度から消化器内視鏡室・リハビリ室・売店等々の院内リニューアルを順次行い、市民のみなさんが来院しやすい雰囲気や安心・安全の医療を提供できる環境を整えていきます。患者さんやご家族に選んで頂ける病院を目指して、今後も職員一丸となって努力して参ります。