このページの先頭へ

MESSAGE盛岡市立病院だから学べる
地域医療と地方都市型医療

盛岡市立病院長 加藤章信

[初期研修の2年間の過ごし方]

 研修医にとって、初期研修の2年間はたいへん貴重でかけがえのない時間となります。それまで主に机上で学んできた医学や医療と、臨床現場でのそれとはまったくと言っていいほど次元が異なります。理論として理解していたことが、実践の場でうまくいかなかったり、漠然としていた教科書の内容が現場のちょっとしたやりとりですんなり理解できたりと、研修医にとってはファーストコンタクトの連続となることでしょう。
 この2年の間に、どこで・誰から・どのようなことをどのような方法で学び、経験するか──その質と内容が、医療をめざす人にとって、時に将来への道しるべとなり、時に医学・医療の理解をより深めるきっかけとなります。

[地域のための“キュア”と“ケア”]

 いま、日本の医療は変わりつつあります。傷病者に対する従来の治療“キュア”に加えて、病院での治療を終えた患者さんの社会生活を支援する、すなわち地域医療を包括する“ケア”へのニーズが大きくなってきています。
 私たち盛岡市立病院は公立の中核病院で、主に急性期を過ぎた患者さんへの医療を提供してきました。施設のロケーションや設立の歴史から、地域の方々のための病院として利用されています。そういう意味では、地域の医療は地域の施設で守る“キュア”と“ケア”をかねてから実践してきた病院と言えるでしょう。
 初診から診断、治療、さらに基本的な社会生活の営みにつなげるところまで、ひとりの患者さんとフルコースの医療をとおして関わることができる。これは地方都市の病院ならではの特徴でもあります。

[東北一の医療施設をめざして]

 当院のもうひとつの特徴は、地域にある医療施設との連携が深いことにあります。市内には、岩手医科大学附属病院や岩手県立中央病院という大規模な総合病院があり、専門医が常駐する診療所があり、福祉施設があります。そうした施設と連携することで、それぞれの機関が得意とする役割と機能をより発揮することができます。こうした連携は、医療資源が少ない岩手県で医療を実践するためには不可欠で、“オール岩手”による医療と呼ばれてきました。
 このように盛岡市立病院には、地域医療と地方都市型の医療を同時に学べる環境があります。臨床では、こうしたチーム医療をとおして最善の医療を提供してきた有能な医療者が携わっています。医療のレベルはほかに引けをとるものではありません。自信をもって後進の指導を任せられる人材をそろえています。
 志のある研修医の皆さんが、当院でさまざまなことを学び経験し、岩手県の医療をさらにグレードアップするための力となってくれることを願ってやみません。