このページの先頭へ

OVERVIEW臨床研修プログラムの概要

■研修医ひとりに担当指導医がついて研修プログラムをすすめていきます。

 盛岡市立病院は、基幹型臨床研修病院として主要な研修プログラムを管理・実施するほか、協力型臨床研修病院ならびに臨床研修協力施設と緊密な連携体制の下、共同して臨床研修をすすめていきます。
 研修期間は、研修医ひとりに対して配属される各科の指導医と担当上級医がつき、研修プログラムに基づいて直接指導と評価をおこないます。夜間については、各科のオンコール体制の下、担当の指導医、上級医がコンサルトの内容に応じて指導します。

■協力型臨床研修病院と協力施設

 研修期間は、下記 協力型臨床研修病院ならびに臨床研修協力施設と連携しながら、研修プログラムを展開していきます。

[協力型臨床研修病院]

  1. 岩手医科大学附属病院
  2. 岩手県立中央病院
  3. 盛岡赤十字病院
  4. 社会福祉法人恩賜財団 済生会北上済生会病院
  5. 岩手県立中部病院
  6. 岩手県立胆沢病院
  7. 岩手県立磐井病院
  8. 岩手県立大船渡病院
  9. 岩手県立釜石病院
  10. 岩手県立宮古病院
  11. 岩手県立久慈病院
  12. 岩手県立二戸病院

[臨床研修協力施設]

  1. 西和賀さわうち病院(地域医療)
  2. 岩手県赤十字血液センター(地域保健)
  3. 盛岡市保健所(地域保健)

■プログラム指導責任者と研修実施責任者

 研修期間は、下記プログラム指導責任者と研修実施責任者が研修医を指導します。

[プログラム指導責任者]
盛岡市立病院 手術部長
兼外科第一科長
須藤 隆之
[研修実施責任者]
盛岡市立病院 副院長 近藤 公亮