文字のサイズを変更する場合

HOME > 病院の窓 > 消化器・栄養センター関係

消化器・栄養センターについて


 当院では,平成29年4月1日より「消化器・栄養センター」を発足させ,活動を開始しました。これまで,消化器内科,外科がそれぞれの患者さんの病状にあわせて,協力し治療してまいりましたが,今後はさらに内科,外科の垣根を越えて,連携を強化して患者さんの治療にあたるものです。

 当センターは,消化器内科、消化器外科の専門医が多数従事し,消化器(食道,胃,大腸,直腸,肝臓,胆のう,すい臓)の全ての良性,悪性の病気に対応いたします。例えば,胃がんや大腸がんなどの早期がんであれば,手術に内視鏡を用い,患部(治療の必要な箇所)を切除したり,進行がんであれば腹腔鏡を用いた手術を選択するといった,患者さんへの負担をできるだけ軽くするような治療を目指していきたいと考えております。

 さらに,手術の前や手術の後には,管理栄養士や理学療法士など様々な医療スタッフが参加し,患者さんの食事や栄養状態などに配慮するなど,病院内の他職種によるいわゆるチーム医療を提供させていただき,皆様が病気からできるだけ早く回復できるよう,お役に立ちたいと考えています。今後も,市民の皆様のご期待にお応えできるように進めてまいりたいと考えております。

                   消化器・栄養センター長 須藤 隆之        副センター長 近藤 公亮





▲ページ上部へ